2016年4月28日木曜日

春の声2016

図書館の廊下するどく冷えていてジェイムス・ブレイクの声がする

昼下がりの床をあかるくころがって空き缶の鳴るねむたい電車

爪を切る音に安心できるから伸びる時間をまた生きました

飼い犬にパン齧らせる夕方のこれ以上ないなめらかなこころ

止めるのを忘れてたストップウォッチに凄い速さで進んでる秒

エリオット・スミスで耳を塞ぐ夜 居間のテレビの音うるさくて

どこからかヒューマンビートボックスが聞こえて父の寝息であった

やすっぽいチーズケーキを食べながら途中から観る深夜のシネマ

インストールの途中で眠れない母に寝てても終わることを教えた

果てにあるサービスエリアの唯一のサービスとして近すぎる星

降っている桜のなかへ手を伸ばしドライブスルーの会計終える

死ぬまでの時間は全部ついでだと吹きだまりの桜は知っている

ドーナツの○からのぞくドーナツの○からぼくをのぞくきみの目

目をつむりながら起きてる朧夜にノラ・ジョーンズの声は似合うね

寝具シリーズ

ねむるように死にたい布団職人がその目的で仕立てる布団

MSゴシックで打ち込んだ遺書を校正するタオルケットのタグ撫でながら

しろたえのふとんのなかでとびきりの宇宙遊泳みたいな二度寝

ふとんからぼくのにおいが消えたときほんとの意味で訪れる死後

息止めてせーので水に潜るのと布団から出る瞬間は似て

肉と皮しこたま着込んで心臓は布団のなかでじっとしている

土曜日のタオルケットのはだざわりだけだよぼくにやさしいものは

近々ホームページをアップします

5月にホームページをオープンする予定です。
新作の発表の場として使ったり、「サイレンと犀」の関連グッズを通販したりします。
楽しみにお待ちください。

2016年4月2日土曜日

『サイレンと犀』カレンダー 4月

春空に千鳥格子の鳥たちを逃がしてつくる無地のスカート /岡野大嗣

画像データのダウンロードはこちら

カレンダーの絵は『食器と食パンとペン』の安福望さんに描いていただいています。
歌集『サイレンと犀』も引き続きよろしくお願いします。


【A4タテ】


【A4ヨコ】


【iPhone5/5s 用】


【iPhone6 用】