2014年6月24日火曜日

紅白短歌カレンダー(7月)

7月のカレンダーには、鈴木晴香さんの短歌を使わせていただきました。

分け合った炭酸水が体液になるまで君を見送っていた /鈴木晴香

鈴木晴香さん、ありがとうございました。
短歌も絵も涼やかですね。

ところで、このカレンダーのイラストを描いてくださっている安福望さんが、
雨宮まみさんのマイナビニュースでの連載コラムの挿し絵を描くことになったそうです。
この調子で、安福さんの絵が知られる場が増えればいいなと思います。

【A4タテ】


【A4ヨコ】



【iPhone4S用】




















【iPhone5/5S用】

密やかな活躍

短歌の夜明けらしきもの』や『五年経つのに』の写真でお世話になっているタカギトオルさんが、
密やかに活躍されているようで嬉しい。

「芦屋写真展2014ーRoad to Paris」にて準グランプリ獲得
告知しようと思っていたら、写真展は6月15日(日)までだった。
タカギさんすみません・・・

受賞作品は既に御本人のブログ『密やか式』にアップされているのでぜひ。
Road to Paris

この一枚は、11月にパリで開催される公募写真展に推薦出展されるそうです。

フランスの写真コンペではいつも高い評価を得ているタカギさん。
PX3 Peoples' choice Awards

2014年6月11日水曜日

歌集の装画について

発表してもいいことになったので発表しますが、
歌集の装画は安福望さんに描いてもらいます。(あ、念のため、シリーズのうち岡野大嗣の分の装画を、ということです)
安福望さんのブログ『食器と食パンとペン』

好きなジャケットのCDを飾るような感覚で
壁や棚に飾ってもらえるような歌集にしたい。

表紙の装画だけでなく、中のそれぞれの短編にも絵を添えてもらう予定。
安福さんの二次元的鑑賞が生み出す絵のストーリーとあわせて、重層的に楽しめる構成にします。
安福さんのファンの方にとっては、画集として楽しむこともできるはずです。

歌集に載せた絵はいずれ、まとめてボローニャ国際絵本原画展に送ってもらいたい。
英訳した短歌をキャプションに添えて。

2014年6月9日月曜日

活字になった歌

ATMのフォーク並びの列にいてフォークの先を見る目の動き   日経歌壇(6月8日) 穂村 弘 選

春だから母が掃除機かける音聞きたくなって耳をすませる     日経歌壇(4月13日) 穂村 弘 選

掃除機のは今さらだけど。アップし忘れていた。

2014年6月6日金曜日

今日活字になった歌

友達の遺品のメガネに付いていた指紋を癖で拭いてしまった

ダ・ヴィンチ『短歌ください』(2014年7月号)第75回「眼鏡」 
(穂村さんの選評)
「ぼんやりして拭いてしまい、取り返しのつかないことをしてしまったことに鳥肌が立った」との作者コメントあり。日常の裂け目のような一瞬。物理的な次元ではただ「メガネ」を拭いただけなのに。

「友達」は、実際に呼んでいたあだ名にするか迷ったけど、
そこでリアリティを追求する必要はないと判断してやめた。

自作短歌にからめて自分語りをするのは野暮かもしれないけど書く。

その友達は同じマンションに住んでいた幼なじみで、小学校の頃はそれほど親しく遊んでいなかったけれど、
中学の剣道部で3年間、僕が主将、彼が副主将を努めて以来、親友といって差し支えない仲になった。
高校1年のとき、Nirvanaの“From the Muddy Banks of the Wishkah”という実質的にはカート・コバーンの追悼盤に
近いライブアルバムを「Track1冒頭のシャウトが凄いから聴いてみろ」と半ば無理やり彼に貸しつけた。
それ以来、彼はなぜかデスメタルをこよなく愛する青年になってしまった。
歌声なのかブルドッグの唸り声なのか聴き分けのつかない音楽を、彼は貪るように聴いていた。

それでも、僕が薦めるポップミュージックだけは好んで聴いてくれて、
くるりの『東京』を貸したときには、その感動をマンションの廊下で夜通し語られた。
秋も終わりかけの頃で、まさかそんなに長時間話すことになると思わず油断して部屋着のまま外に出て話をしたので、
次の日に風邪を引いてしまったのを覚えている。
そんな感じで、僕らはよくマンションの廊下でお互いに好きな音楽の話をしていた。

彼のことを思いだすとき必ず、一緒に行ったくるりのライブのことを思いだす。
京橋のIMPホールで観たTEAM ROCKツアーのライブ
当時のくるりのレパートリーから考えられうる最高のセットリストを終え、
アンコールではナンバーガールの向井秀徳氏がサプライズで登場。
日本の音楽史上屈指のメガネツートップがステージに並び立ち、
西暦2000年のアンセム『ワンダーフォーゲル』を演奏してくれるという夢のような夜だった。
この日のライブはYoutubeで観ることができる。

そのときの再アンコールのときのコールが、「メ・ガ・ネ!メ・ガ・ネ!メ・ガ・ネ!」だったという話。


採用歌以外に投稿したのは次の短歌。

未来から来た科学者がめがねめがねめがねめがねとうろたえている

来月号のダ・ヴィンチの第2特集はフジファブリックらしい。
短歌を載せた上で買いたいなあ。

2014年6月3日火曜日

聖フェニックス (特) (セントフェニックス)

ロココ増力の聖神パシーはナディア創爛曼棒とかぐや真田守帯が触れ生む奇跡!!

(パワーアップ・せいしん・そうらんまんスティック・さなだしゅたい・ミラクル)

2014年6月2日月曜日

NUKEME NAKIO

なんと先ほどのお蕎麦がスタジオに用意されててよろこぶ手筈

ソース小袋をレンジで爆破させ徐さんの満面の無表情

八尾空港で写メに収めた文珍のセスナの時価を忘れないでね

ふりむけば顔顔顔が迫り来てすぐまた前を向いて歩いた

買い取り拒否されたCD聴きながら案外わるくて笑える帰路だ