2014年1月29日水曜日

無生物主語

E席の車窓に海がひろがってそれをAより見ている心

壁いちめんラッセンの応接室のアクアクララの静かな水面

出口なら他にいくつもあるのにな僕のうしろにできる行列

はみだしたスティックのりのべたべたのかぴかぴになるまでの生涯

主語として動詞を連れてよもすがら闇になついている無生物

2014年1月24日金曜日

紅白短歌カレンダー(2月)

2月のカレンダーには、沼尻つた子さんの短歌を使わせていただきました。
安福望さんの手描きカレンダーです。
沼尻つた子さん、安福さん、ありがとうございました。






















2013年私的ベスト曲3 (日本編)

2013年によく聴いて、特に好きだった曲の中から、
YouTubeに音源がアップされているものを選びました。

長谷川健一さんと青葉市子さんの声は、ぜひ対面で聴いてみてもらいたいです。
声が楽器。


また明日/長谷川健一





ねね/高木正勝





サーカスナイト/青葉市子 (七尾旅人さんの曲のカバー)
 こちら

2014年にやること

木下龍也自由律虚無俳句集 Vol.2 をつくる。

「何らかの歌詠みたち」の単独朗読会をする。

「何らかの歌詠みたち」の冊子をきちんとつくる。

新人賞に連作を出す。

青葉市子さんに自分のつくった短歌を読んでもらう。(これは来年になるかも)

2014年1月23日木曜日

2 × 5

カップルという概念がイヴという概念に支払う宿泊費

あんぱんを缶コーヒーで流し込む刑事のようにチョコを待ってる

春がもう近くにいるね専用の機器で測ったわけじゃないけど

ひだまり、と美川憲一が言っているなにしろ春の只中だから


泣きたがる顧客のために新鮮な不幸を買いにゆくテレビ局

かなしみへ容赦なく降るフラッシュに「ご注意ください」とテロップは

内側がどちら側かは御自身の判断の上お待ちください

踏み込んでいくのはきみの自由だとそそのかすなよ点字ブロック

なんとなく裏返したら裏返り続けたままで死んだカナブン

戦前のアナウンサーの声質できみに最後の別れを告げる

2014年1月20日月曜日

普通を愛するための手続き

普通に読めば普通に怖い内容のメールがとても普通に届く

原作を知らない僕に原作のほうが好きとか言われてもなあ


配信の解除のためのログインのIDを得るための手続き


電柱の監視カメラに気付かれたような気がして会釈をしとく


散髪の帰りの道で会う風が風のなかではいちばん好きだ


夕暮れに手動で開けるカローラの窓 ひこうきに手をふりたくて

2014年1月10日金曜日

ミニバン

死ぬまでにしたいことよりしたくないことが多くて買うフリーパス

し過ぎてもし過ぎることのないような何かをし過ぎ続ければ吉

何が悲しくてあなたのミニバンでつるのたけしのMを聴いてる

苦労して剥いたからには舐めているチュッパチャップスぜんぜんへらない

冷えている肉をレンジであたためるだけあたためてまた冷やす夜

カジュアルな鬱はおやすみタイマーの切れて体にへばりつく汗

2014年1月7日火曜日

バースデイ

生体という特性上返品は原則受けておりません 神

おめでとうございます!インストールに成功しました!赤飯を炊く

先に孵化した者としてありがたく孵化直前のたまごを食べる

なんつうかまああれだなあ信長はよくあと十五年も生きたな

お誕生月の会員様として僕だけかけている首飾り