2013年12月31日火曜日

紅白短歌合戦カレンダー(1月)

1月のカレンダーには、たきおとさんの短歌を使わせていただきました。
安福望さんの手描きカレンダーです。
安福さん、本当にありがとうございました。

タテ版とヨコ版があります。
解像度は高めのまま貼り付けていますので、画像保存をした上で、
ポスターにしたりデスクカレンダーのフレームに入れたりしてお使いください。

2月以降も、安福さんのご都合のつく範囲内で継続していく予定です。
楽しみにお待ちください。



2013年12月30日月曜日

『紅白短歌合戦'13』エントリーリスト

おまたせいたしました。

『紅白短歌合戦'13』のエントリーリストは、こちら

「投稿して、受領確認メールも届いたのにエントリーされていない」という場合、
お手数をお掛けしますが
紅白短歌合戦のTwitterアカウント(@kouhakutanka)宛にリプライでご一報ください。

リストの順番に概ね従いつつ、
午前9時頃から、およそ2分間隔でツイートしていきます。
白組と紅組に人数差があるので、
途中、紅組の短歌のツイートが続くところもあります。
コラボ枠も、ツイート順はエントリーナンバーに従いますが、
どの時間帯にツイートされるかは未定です。

300首を超えており、合間に短歌関連アカウントからのCMツイートや、
昨年好評だった「響乃の部屋」「レジェンド枠(レジェンド歌人の短歌ツイート)」もはさむため、
かなりの長丁場になります。
好きなペースで楽しんでいただければと思います。
順調にいけば午後11時頃までには終わる予定です。

できる限りの注意を払って運営していますが、
不測のトラブルがあった場合、ツイートが滞る時間帯もあるかもしれません。

どうかもろもろ、温かく見守っていただけると幸いです。

岡野大嗣

絵の具っぽいイカ

白というよりもホワイト的な身のイカの握りが廻っています
日経歌壇(12月29日) 穂村 弘 選「2013年の秀作」
今年は秀作に選ばれることはないと思っていたので嬉しかった。
しかしまさかのイカ短歌とは。
くら寿司及びスシローに感謝したい。

左隣に載っていた、

深海の大蛸がからみつくごとく夜の新幹線がスピード落とす /藤原建一

と合わせての穂村さんの評が、
岡野氏の「イカ」と藤原氏の「蛸」には、それぞれの捉え方にユニークな魅力があった。
というもので、寿司職人としての腕を褒められているような気分になった。
岡野氏の「イカ」、って。

先週の岡井 隆さん選の年間秀作の欄で、
選んだ秀作17首それぞれについては一切触れない謎の選評スペースにおいて、
「君という葡萄畑の夕暮れにたったひとりの農夫でいたい」の歌を
抒情的で深みのある歌の一例として引かれたのも嬉しかったけど、
やっぱりちゃんと17首の中に入っている方が気持ちがすっきりする。

今年の穂村さん選の秀作欄には知っているひとの名前が多かった。

あの羽は飾りなんだよ重力は天使に関与できないからね /木下龍也

これはもう海に向かっている詩だね一行でただ歩む蟻たち /橘高なつめ

こんなにも色あざやかに花開く花ことごとく盲目の星 /砂山ふらり

初掲時に読んで気に入っていた次の3首が選ばれていたのも良かった。

奇数本入りのパックが並んでる鳥手羽先の奇数奇数奇数 /田中有芽子

〈散骨の代行サービスございます。〉海のきらめくパンフレットに /鈴木美紀子

「エッみんな眠るんですか」夜行バスの隣の席の人のつぶやき /小野田 裕

2013年12月26日木曜日

生きやすさ

弊社ではこれまでにない生きやすさを多彩なソリューションで実現。

お客様のライフスタイルに合わせた生きやすさをご提案します。
「これまでの生きやすさより抜群に生きやすい(男性・20代)」
「生きやすさの概念を覆す生きやすさです(女性・40代)」
「まずは死ににくさを」という方のためリーズナブルなプランも用意。

ご家族の複数人が生きづらい場合は家族割いたします。

生きやすさ、という贅沢。※実感の程度には個人差があります。

2013年12月24日火曜日

Starting Over

不動産の投げ込みビラにサンタ帽かぶった阿部が〈夢〉をかかえて

「夢のマイホームをついに手に入れるチャンスですから阿部に願いを」

お客様の多様なライフスタイルに応え続けて5年目の阿部

「お客様の夢のマイホームの夢を叶えることが阿部の夢です」

顔だけの阿部の挿し絵がかぶりつくローストチキンは阿部の顔大

「再婚の方の再新生活のプランも阿部は用意しました」

クリスマスまでにお電話頂いたあなたへ阿部からのQUOカード

「夢を夢のまま終わらせるのも夢を阿部に託すのもあなた次第です(あべ)」

※実際の阿部はサンタクロースではありません。ご了承ください。

※このチラシは実際の阿部の独断とライフスタイルに基づき作られました。

2013年12月19日木曜日

Meeting People and Jumping Higher is Easy

もしかして知り合いかも?と勧められもしかして知り合いかもに会う

ハロー ハローワーク待合コーナーの待ち順札を吐き出すマシン

秒読みに追われる棋士の投了の気持ちで書いている政党名

微香料 対 無香料、軍配は僅差で微香料にあがった

人類はすぐに滅ぶよ神様がライフハックに興味を持てば

クール? いや、これはシールを集めたらみんなもれなく貰えるやつさ

兄さんへ 高く飛んでも人生は変わらなかった じゃあね (ルイージ)

なめらかなざらつき

ノーメイク、セルフカットの君だけど裏地のボアのにおいは女

目くじらを立ててしまったメロコアとエモコアの差異ぐらいのことで

ネイビーのニットベストをふくらませあの娘は恋の話をしてる

ものすごく長いマフラー巻いてると芸能人の気分になるね

三分の二を隠しつつこの夜のひとりひとりに嘘をつく月

どしゃぶりの夜の路面が血の海とチャイナブルーの海くりかえす

ノンシュガー果実のど飴なめすぎてあなたの舌のざらざらなとこ

2013年12月16日月曜日

予告

4秒でホームを過ぎる特急の窓に死相の僕の断続

いつかまたぜひよろしくの殆どを成さないままに死ぬんだろういつか

3日からおにぎり100円セール!って予告されれば意識する脳

とるものもとりあえずが通夜の醍醐味だがエル・ゴラッソは捨てて向かった

『ほこ:いつか死ぬ絶望』と『たて:いつか死ねる希望』はCMのあと

2013年12月6日金曜日

『紅白短歌合戦'13』 開催概要


今年も大晦日に短歌で紅白歌合戦をします。

今年一年を振り返って、
いちばん思い入れのある自作の短歌を投稿してください。

この一年で短歌を1首でもつくったことのある方で、
短歌のことが好きな方ならどなたでも参加できます。

集まった歌は、大晦日にゆるゆるとツイートしていきます。
それを、紅白歌合戦を観るように楽しんでいただこうという企画です。

昨年のまとめはこちら。

(前夜祭も開催しました。今年も前夜祭します。紅白短歌前夜祭


ルールは下記の通りです。


【参加枠について】

個人参加枠とコラボ参加枠があります。
いずれかの枠のみの参加でも、掛け持ちの参加でもOKです。
複数のコラボの掛け持ちも可とします。
個人参加は1人1首まで、
コラボ参加は1コラボにつき最大5首までで、
たとえば5人×1首ずつ、2人×2首ずつなど、
自由に構成して頂けます。


【投稿について】

募集期間:12月7日(土)0時~21日(土)24時まで
※投稿したい歌が決まっている方は、早めにご投稿頂けると助かります。

投稿先岡野大嗣のメールアドレス daiji.okano★gmail.com 宛
(★は@に置き換えてください)

件名は紅白短歌合戦:短歌投稿」としてください。

メール本文には、

個人参加の場合
①短歌(必要ならルビも)
②筆名
③参加希望チーム(紅組 or 白組、を選択)

コラボ参加の場合
①グループ名 ※無しでも可
②コラボタイトル ※無しでも可
③短歌 ※歌A(紅白太郎)、歌B(紅白花子)、歌C(紅白次郎) のように記してください。

④参加希望チーム(紅組 or 白組 or 紅白ミックス、を選択)


こちらで投稿内容を確認した後、「受け付けました」メールを返信します。
3日経っても返信が来ない場合はご一報ください。



【よくある質問】

:紅組か白組かはどうやって決めるの?
:基本的には女性は紅組、男性は白組を選んで頂ければよいのですが、あくまで自己申告でかまいません。

:未発表の歌を投稿してもいいの?
:投稿して頂く短歌は、既発表でも未発表でもOKです。但し、著作権が御自身に帰属している作品でお願いします。(投稿して頂いた歌は、基本的にはTwitterのタイムラインに流すだけですので、自作の歌であれば問題ないと思います。  
:勝敗はどうやって決めるの?
:本家の紅白歌合戦のように「紅」か「白」かで決着を付けるのは難しいので、何らかの方法で投稿歌の中からベスト10を決めて、その10首の作者さんには何かいいことを用意しようと思います。(※昨年の順位と、その方々へのプレゼントも、13日までには発表します)18日追記:すみません、「何かいいこと」と昨年の順位の発表はもう少しお待ちください。
 
ルールについては以上です。
何か不明な点がありましたら、このブログ記事のコメント欄にてご質問ください。

前夜祭・大晦日当日の流れや、関連お楽しみ企画など、
更なる詳細については
25日~28日ぐらいにご案内します。


たくさんの投稿をお待ちしております!

2013年11月25日月曜日

うたらばブログパーツ 『目』

電線の束を目で追うこの街の頸動脈の位置をさがして

ドナルドの視線を追えば斜交いにカーネルがいてただならぬ夜


どちらも昔つくったもの。

「電線の束」という言葉について、
あまり自分が使いそうにない表現なのに
この歌をつくるときにするりと出てきたことを不思議に思っていたけど、
最近この曲を久しぶりに聴いていて、同じ言葉が使われていたのを知って納得した。

中村一義/魂の本 歌詞

「電線の束、今日の赤、痛い状態は直感で。」

描写内容もちょっと似ているような。

もしレコードだったら擦り切れるほど聴いていたような音楽の言葉は、
きっと無意識のレベルに刷り込まれていて、
ことあるごとに御守りのように作用しているんだと思う。


2013年11月20日水曜日

あてにならない

キャンペーンにつき無数のおじさんが生後初めてティッシュを配る

肉眼で見えない画素のモニターで見る虐殺のフォト・ドキュメント

《スタッフはトイレ中です。3分で戻ります》 ラミネートPOPに

「あした結婚して、あさって離婚しよう」AVのプロローグ部分で

どこまでが僕の命だ?ハイウェイであてにならない速度感覚

おどろきの効果に驚いています あくまでも故人の感想です

インターチェンジ

生き延びるために聴いてる音楽が自分で死んだひとのばかりだ

銃口の闇に焦がれて極東のENEOSで引く給油トリガー

運転に支障は無くて何年も放置している心の異音

違反速度で逃げたってどこまでも追いかけてくるこの脳みそめ

アクセルを踏み込みなおす降り口を逃した先に夕陽が見えて

渋滞のニュース聞きつつその距離に連なりを成す命を思う

ジャンクションの弧線が光る ささやかな意志の前途を讃えるように


『NHK短歌』2013年11月号「ジセダイタンカ」への寄稿作品
3首目は安福望さんのブログ「食器と食パンとペン」で絵をつけてもらった
→ 水面と眠り

2013年11月7日木曜日

なれないわけ

ビル街をきらきら走る園バスはサファリパークをゆくようにして

スーパーな感じに欠けるスーパーの青果売り場のあまおうに蠅

グルコサミンの軟骨パワーが足りすぎてルー・リードにはなれないわけだ

「ワンちゃん用お線香立て」に天使の輪つけたチワワがそれを使う絵

カラーボックスかかえてかえる射精後のカルマのような夕闇のなか

2013年11月3日日曜日

今日活字になった歌

おばあさんの手押し車を先頭に3メートルの鳩の渋滞
日経歌壇(11月3日) 穂村 弘 選
今回は選評は無し。
敬愛する鈴木晴香さんと隣り合わせで嬉しかった。

嫉妬してください例えばこの雨が君に降らない雨であること /鈴木晴香


同じく敬愛する橘高なつめさんの歌も載っていた。



陽を翳すきみの右手がおもむろに作るキツネは鳴き声も無く /橘高なつめ
(穂村さんの評)
当然なはずの「鳴き声も無く」に不思議な情感が宿った。
なつめさんの歌はいつも重層的で、視覚以外の感覚に訴えてくる力が強い。
漢字とひらがなの表記のバランスも僕の好みで、すっかりファンになっている。
いつか橘高なつめ論を書きたい。
風の便りによると、東洋一の大人かわいい女子らしい。

なつめさんの歌にも晴香さんの歌にも、「君」「きみ」が出てくるのに、
僕の歌に出てくるのはおばあさんと大量の鳩だけ。
「君」が出てこない歌 のときと同じで、また脳内で坂井泉水が歌い続けている。


一番凄かったのは次の歌。

わたしが、と思わず胸にあてた手がピンマイク通し爆音となる /鈴木美紀子
(穂村さんの評)
「ピンマイク」ということは多くの他者に見られている状況だろう。思わぬ「爆音」によって、「わたし」が生の特異点であることが露わになった。

今日はNHKで名前を読まれて、日経で名前が活字になった。

何かちょっとした事件の容疑者にでもならない限り実現しないことで、
短歌をやっていて良かったと思った。ような気がした。

今日電波に乗った歌

あまびこの自動音声に導かれしんと済みゆく生前予約

NHK短歌(2013年11月3日放送) 「声」小島ゆかり選
(小島さんの選評)
これは「あまびこの」というのが「音」にかかる枕詞なんですね。本当でしたら「あまびこの音」っていうふうにいきたいんですけども、こういうちょっと変則的な形もたまにありますので、「自動音声」の「音」にかけていったんですね。「自動音声」とか「生前予約」とか大変現代的な熟語とともに「あまびこの」という古代的な枕詞が活きている、独創的な「声」の題詠、「音」の作品だと思います。

最近、仕事でテープ起こしする機会が多いから、ついつい選評を文字に起こしてしまった。

番組HPはこちら。

入選報告の電話が掛かってきて例のごとく自歌解説を求められ、
ぼんやりとしたコメントを返して電話を切ろうとしたとき、

「あの、岡野さんは短歌男子の岡野さんでいらっしゃいますか?」

と、電話口の担当女性の方にたずねられた。

咄嗟に聞かれたので、
一瞬、一般的な意味合いで「短歌をやっている男子ですか?」と聞かれていると思いつつ
「ああ、まあ、はい。短歌好きです。」と応えると、

「あたし、拝見しましたっ。『短歌男子』っ。素敵ですよねえ。」
「岡野さんビシッ!と決めてらしてっ。ネクタイきゅっとされてっ。」
「小島先生にもその旨お伝えしておきますっ。」

と、まくしたてられてどぎまぎした。

「その旨」がどんな旨だったのかは分からないけど、
一年半くらい前に入選したときに一席になれなかったのが悔しかったので、
今回そうなれたのは良かった。

2013年10月21日月曜日

ジセダイタンカ

『NHK短歌』11月号の「ジセダイタンカ」のコーナーに、
「インターチェンジ」というタイトルの7首連作を寄稿しています。

苦しいときにいつもお世話になっているカート・コバーン氏へのオマージュとしてつくりました。

読んでもらえたら嬉しいです。

2013年10月11日金曜日

例の番組

例のテレビの例の短歌番組で、入選歌を放映してもらうことになりました。
放送日は11月3日(日)です。

と、こんな感じでぼやかしてなら告知していいと言われたので告知しました。
早起きできる方は観ていただけると嬉しいです。

2013年10月4日金曜日

首脳会談

あかねさすIKEAへゆこうふたりして家具を棺のように運ぼう

ひといきに他社製品を注ぎ足され静かに即死するメグミルク

首脳会談の握手は首脳(乙)が首脳(甲)の手を両手で握る

それではお聴きくださいバッハで『メヌエット』 冷凍室に顔つっこんで

タクシーの後部座席で青白く光りつつ読む自殺のニュース

今日活字になった歌

念のため林檎も鞄に入れている果物ナイフ持ち歩くとき

ダ・ヴィンチ『短歌ください』(2013年11月号)第67回「果物」 
(穂村さんの選評)
「果物ナイフだけ持っていると軽犯罪法違反に問われる可能性があるらしいです」との作者コメントあり。なんともアイロニカルな歌ですね。「鞄」に「林檎」は大きすぎて邪魔だけど、蜜柑やさくらんぼじゃ駄目なんだ。

使い終わった果物ナイフを「あとで食器とまとめて洗おう」と思って

台所のシンクに置きっぱなしにした結果、そこに置いていたことを忘れて、
食器を洗うときにフォークか何かと勘違いして握ってしまい、指をざっくり切ったことがある。
それ以来、果物ナイフの刃を見るのが怖い。

余談でした。


果物テーマには他にこんな歌を投稿していた。

生ハムのメロン!ピラフの干し葡萄!酢豚のパイン! みな蜂起せよ!
甘くない西瓜もたまにあることを実家出てから初めて知った

ピラフの干し葡萄が一番苦手。

自由テーマの方に凄いのを出したつもりだったのに載っていなくて、

悔しくて「もう短歌あげないぞっ」と思った。
でも、見直してみると大きな傷がある歌だったので、そこを補修してストックすることにした。



今回は他に、日経歌壇で名前をよく見る横山ひろこさんの歌も載っていた。
たぶん同じひとだと思う。

スイカ割りよくやりましたなつかしい青い青いスーパーの床に /横山ひろこ



あと、僕の右隣に載っていた竹林ミ來さんの歌も良かった。


教室に打ちつける雨 給食のバナナを女子は決して食べない /竹林ミ來


竹林さんの短歌にはいつも独特の未来観があり、

僕は竹林さんのことを密かに「竹林ミ來観」という筆名で呼んでいる。

今月号で採用されていた方々の年齢はいつもより少し高めで、

おかげで僕はいつもより少しだけ若くなった気になれて嬉しかった。

2013年10月1日火曜日

短歌meetsMusic 65

獣舎へと運ばれてゆく柵越しにアフリカゾウはペンギンに会う /ユキノ進

meets(R.E.M. /Near Wild Heaven)


短歌meetsMusic 64

窓は声 にごりなきその声域にみずみずと街は湛えられたり /大平千賀

meets(Priscilla Ahn/Dream)

短歌meetsMusic 63

試着室くつを脱ぐのかわからない わからないまま一歩踏み出す /竹林ミ來

meets(SALU/In My Life)

2013年9月25日水曜日

必ず手に入れたいものは誰にも知られたくないけれど君には言いたい

じゃあここで一句!と振ってくる奴を今から一緒に殴りに行こうか

さよならは済ませときたい四捨五入すれば秋だと思えるうちに

車窓から花火が見えて5秒後にそのふもとからメールが届く

もし僕がイナバ物置だったなら100人ぜんぶきみを乗せたい

一年に二人以上は渡れない橋で僕らはまたすれ違う

降りぎわに「じゃあ」と握った手のかたち合えば二人の「またね」は祈り

愛用のアプリによると仏滅は二千年後も健在である

#あと二時間後には世界消えるし走馬灯晒そうぜ



過去につくった歌の中から、数字が入った歌をいくつか集めてみた。
算用数字と漢数字の使い分けには結構気をつかっているつもりだけど、
こうやって並べてみると、どんな基準で使い分けているのか自分でもよく分からない。
短歌に数字を入れるときは、音数合わせの都合上「2」と「5」が多くなりがちだけど、
これからは違う数字も入れていきたい。

3首目は第四回 天神祭短歌大賞に投稿した歌。
この短歌賞で大賞をねらうには、お祭りの現場にもっと近づいて詠まないと駄目だろうと思っていた。
大賞を取れなかったのは残念だけど、賞をきっかけに自分らしい歌を残せて満足している。
でも、賞金の5万円でギターを買うつもりだったのでかなしい。

2013年9月22日日曜日

「君」が出てこない歌

一軒で何でも揃うコンビニをはしごして揃えるマイランチ
日経歌壇(9月22日) 穂村 弘 選
(穂村さんの評)
自らの日常的な振る舞いをこのように言語化することで、天国と地獄が一体化したような今の日本の姿が浮き彫りになった。

今週の日経歌壇は、木下龍也さんと鈴木晴香さんに挟まれて僕の短歌が載っていて、

「短歌ください」みたいなことになっていた。
嬉しかった。でも、

眠ってるのは君なのに夢見てるのは僕だった雨の病室 /木下龍也
(穂村さんの評)
切なさと甘さ。どこか歌詞的な愛唱性がある。

君がまだ起きている部屋ぢぢぢぢと明かりにぶつかる虻になりたい /鈴木晴香

(穂村さんの評)
「君」を求めつつ辿り着けない感覚。「ぢぢぢぢ」の音によって切実さが増した。

僕の短歌にだけ「君」が出てこなくて、そのことは少し寂しかった。

君がいない。早朝からずっと、脳内でZARDが流れ続けている。

木下さんと鈴木さんの歌は、並べると互いへの相聞歌として読める。
たぶん、穂村さんはそのように意図して選んでいる。
二作品とも音の響きが美しい。

岡井隆さん選の方に載っていた、



上流でとても知的な生活をするひとが汲む水が飲みたい /砂山ふらり

の「とても知的な生活をするひと」はオリオンみゆき氏のことだろうか。
これも「君」に置き換えて読んでしまって、また寂しくなった。
(岡井さんの評)
「とても知的な生活」という言い方に詩がある。しかも「汲む水」への憧れだ。

あと3ヶ月で今年も終わるし、日経歌壇の穂村さんにももう少し短歌をあげたい。

できれば「君」の出てくる歌を。
一刻も早く脳内のZARDを鳴り止ませたい。

2013年9月19日木曜日

短歌meetsMusic 62

言われれば私のものでレントゲン写真の肺は夜空のようだ  /浪江まき子
meets(田中茉裕/小さなリンジー