2017年4月25日火曜日

信用ならない情報社会を生きる好奇心旺盛なカルチャー女子へ向けて短歌をつくりました

5/18発売予定の小学館の雑誌[Maybe!]vol.3に短歌を寄稿しました。
「Maybe! 美術館へようこそ」という、CASIOのBABY-Gとのコラボレーション企画のページで、前回は最果タヒさんの詩だったみたいです。
 
寄稿したのは[One Minute Horizon]というタイトルの5首連作です。コンビで参加してくれた安福望さんの絵もとてもよく、夏を先取りした作品に仕上がっています。ぜひ書店で雑誌をさがして手にとってみてください。(コラボページは後日CASIOさんのWebサイトにも展開されると思いますが、読み応えのある記事が満載の雑誌ですのでぜひ)
 
Maybe!は「世の中の真実が読める! 新しくてリアルなファッション&カルチャーマガジン」と謳っていて、「信用ならない情報社会を生きる好奇心旺盛なカルチャー女子へ向けて、たぶん、これが世の中の真実だと思われることを毎号特集テーマに合わせて、調査、考察して発信します。」とのこと。読者のほとんどは短歌になじみがない気がします。信用ならない情報社会を生きる好奇心旺盛なカルチャー女子の目にふれるところを想像するとびびりますが、ひとりでも多くに何かしら響けばいいなと思います。

なお、そのページのプロフィール欄に「サイレンと犀」の公式ホームページのURLを載せたので、5月半ばまでにはホームページが公開されます(宣言してから一年かかってしまいましたが)。

つつましいスキップ

リモコンの電波がぼくの灰色の車へ桜吹雪を抜けて

第二夜の冒頭でおさらいできる二夜連続の一夜的日々

春は飛ばせない広告 葉桜が終わるまでSKIPできません

おろしたての憂鬱だからできるだけ光の届かない場所で履く

フレンチクルーラーの空気は新緑の季節がいちばんの食べごろさ

2017年4月7日金曜日

気づかないほうのかなしみ

点字ブロックの点からの影が午後五時を知らせている高架駅

雨がやむのを待っていたはずなのが帰りたくなかっただけだった

映像が一部乱れてみんなからはぐれて春のほどよい寒さ

Your video will play after this ad. ふくらんだ桜並木の真っ暗闇に

1Kにレジャーシートを敷きつめて簡易な海ですこしだけ泣く

秒針のうしろでずっと鳴っている神が引き摺るサンダルの音

ポケットに入れた切符がやわらかくなるまでひとり春を寝過ごす

それなんの祈り? 素足にパンプスを吹きだまりの桜につっこんで


2017年4月3日月曜日

『サイレンと犀』カレンダー 4月

春だから母が掃除機かける音聴きたくなって耳をすませる  /岡野大嗣

画像データのダウンロードはこちら
(下に貼ってある画像を保存しても使えます)

カレンダーの絵は『食器と食パンとペン』の安福望さんに描いていただいています。
歌集『サイレンと犀』も引き続きよろしくお願いします。


【A4タテ】

【A4ヨコ】

【iPhone5/5s 用】

【iPhone6,7 用】

2017年3月28日火曜日

水たまりは仲のいい雨(ノーカット版)

みずうみは大きめの池
池は大きめの水たまり
水たまりは仲のいい雨



これ、以前に31音におさめたけどこのままのほうがいいなと思った。
みずうみは/大きめの池/池は大きめの水たまり/水たまりは/仲のいい雨
「5・7・13・6・7」ということで。

軽度のメリーゴーランド

きっかけになったけんかはわからない仲直りから始まった夢

起き抜けのカーテン越しの夕焼けにぎりぎり今日を拾ってしまう
 
これは無為? かと思ったらアディショナルタイム 審判ナイス判断
 
毎日が軽度のメリーゴーランド春の花屋は忙しいから

くずれてたケーキはきっと帰り聴いていたロックンロールのしわざ

あるとして季節のなかで春にだけ副音声の鳴っている夜
 
「車間距離ぎゅんぎゅんつめてくる系の春の気配は苦手です」 冬
 
二回目で気づく仕草のある映画みたいに一回目を生きたいよ

2017年3月14日火曜日

ぬすみみる春

オンエアで聴いて気になってた曲のメモ寝かせたら宝石になる

訃報ききながら廃品回収のハザードランプで団地がきれい

国語便覧が荷台にはためいて正岡子規が空を見ている

街灯のつもりで見てた満月がそうとわかってからふくらんだ

し残したことのしかかる午前二時エバーノートの象と目が合う